関東学院大学体育部連合会サッカー部 公式ホームページ
お知らせ
[2010年] [2011年] [2012年] [2013年] [2014年] [2015年]
[2016年]
[2017年] [2018年] [2019年]
[2020年]
【2021年度入部者選考練習会について】2020.08.01
新型コロナウィルス感染拡大を受け2021年度セレクションの開催は中止とさせて頂きます。今年度の選考方法として、入部を希望される方は関東学院大学サッカー部の練習に参加して頂き合否を判定させて頂く形式で選手選考を開催させて頂きます。入部をご希望の方は、以下のアドレスまで必要事項をご記入の上、送信して下さい。締め切りは、2020年8月28日(金)18:00までとさせて頂きます。申し込みをされた方から練習参加の日程調整をさせて頂きます。ご不明な点等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
〈記入項目〉
①氏名(ふりがな) ②所属チーム ③連絡先(携帯番号) ④身長 ⑤体重 ⑥ポジション ⑦利き足 ⑧代表・選抜歴 ⑨所属チーム代表者氏名 ⑩所属チーム代表者連絡先(携帯番号)
送信先:kgufootball@yahoo.co.jp


【関東大学リーグ戦ライブ配信について】2020.07.31
今シーズンの前期リーグ戦は新型コロナウィルスの感染拡大防止のため全試合無観客試合となっています。試合の模様はジェイネットTV、またはYoutubeの関東大学サッカー連盟公式チャンネルでライブ配信しております。画面を通して皆様の熱いご声援宜しくお願い致します。


【特別編「OGに聞きました」~吉村民さん~】2020.05.27
〈プロフィール〉
氏名:吉村 民(ヨシムラ タミ)
所属:ホリプロ スポーツ文化部アナウンス室
職業:フリーアナウンサー・リポーター
生年月日:1979年6月30日
経歴:関東学院大学~株式会社ホリプロ
選抜・代表歴・個人賞:JSBA学生ランキング8位(スノーボード)、全日本学生ハーフパイプ12位(スノーボード)


Q1.これまでのサッカーとの関わりを教えて下さい。
大好きな叔父が東京都小学生選抜の監督などをやっていたこともあり、物心ついた時にはサッカーが大好きでした。
小学生の時に高校サッカーに夢中になり、大学生の時にサッカー部のマネージャーに、卒業後は横浜FCのスタジアムDJや浦和レッズの応援ラジオ番組のDJなどを担当してきました。

Q2.これまでのサッカーに関わってきて最も嬉しかったことは?
自分がサッカーを観る側からサッカーの仕事をする側になり、小学生の頃から憧れていた(元)選手にお会いした時。憧れのスターに会えた気持ちで、柱の後ろに隠れちゃいました。
Q3.これまでのサッカーに関わってきて悔しかったことは?
取材中に、お局さんから嫌がらせを受けた時(笑)
濡れ衣だったことを、担当してくださっていたディレクターさんが目撃していて、かばってくれたので大丈夫でしたが、怖い!いやだー!悔しい!って思いました(笑)
好きなことを仕事にしても、良いことも悪いこともあります。
いつも心を強く持っていることが大切だと思います。
Q4.サッカーに関わってきた中で大切にしてきたことは?
サッカーが好き!楽しい!という気持ちを忘れないということ。
あとは、サポーターの皆さんなど、応援してくださる人たちがいるということも忘れないでいること。
Q5.大学サッカーで印象に残ったエピソードは?
合宿に行き、みんなで枕投げをしたこと(笑)
青春っぽくて楽しかったです。
夏になると、あっという間にボトルの水がなくなって水を補充するのが大変でした。
Q6.大学サッカーで最も印象深い試合は?
シーズンの最終節。負けてしまい、いつも明るいみんなが、ずっと下を向いて悔しそうにしていた姿が今でも目に焼き付いています。
Q7.これまで接してきて感じたプロ選手と大学生の差は?
設備や環境がしっかり整っているのがプロだと思います。
あとは、自己管理を徹底している人が多いのもプロ選手には多いと思います。
Q8.大学サッカーで学んだことは?
自己管理をしっかりして、夢を持って、自分で積極的に道を模索していくことが将来に繋がっていくと学びました。
大学は楽しいことや誘惑が沢山あります。(笑)でも、それに負けないで強い意志を持ち、貫いて、将来設計をしっかり持った人が、夢を叶えられる気がします。
Q9.コロナ自粛の日々を過ごしている皆さんへメッセージ
焦る気持ちはみんな一緒です。
その気持ちに負けないで、今できることをしっかりやっておくことで、明るい未来に必ず繋がっていくと思います!
焦らないで、気持ちを強くもっていることが大切です!
みんな表面上は上手くいっているように見えても、何かあります。
モヤモヤしたり、思うようにいかないのは、自分だけじゃない。
絶対に焦ったり、人と比べたらダメだと思います!

以上です。
吉村さんありがとうございました。


【第9回「OBに聞きました」~萱沼優聖選手~】2020.05.26
〈プロフィール〉
氏名:萱沼 優聖(カヤヌマ ユウセイ)
所属:鹿児島ユナイテッドFC
ポジション:FW
生年月日:1993年8月6日
経歴:山梨学院大学附属高校~関東学院大学~カターレ富山~鹿児島ユナイテッドFC
選抜・代表歴・個人賞:2015年関東大学リーグ(2部)ベストイレブン


Q1.これまでサッカーをしていて最も嬉しかったことは?
小さい頃にスタジアムの応援席から見ていた選手と同じピッチに立って試合ができた事

Q2.これまでサッカーをしていて最も悔しかったことは?
関東リーグで1部に昇格できなかった事

Q3.サッカーをする上で大切にしていることは?
1対1での局面で負けない事
ボールを奪われない事

Q4.大学サッカーで印象に残っているエピソードは?
聖矢と魁人とチームとスタッフにはたくさん迷惑をかけてしまった事

Q5.大学サッカーで印象に残っている試合は?
大学4年時の関東リーグ第4節vs東京学芸大学戦(4-4の同点で迎えた後半アディショナルタイムに勝ち越しの5点目を決めた試合)

Q6. プロと大学の差は?
そんなに差はない
Q7. 大学サッカーで学んだ事は?
自主性

Q8. コロナ自粛の日々を過ごしている皆さんへメッセージ
今は大変な時期が続いていますが、みんなで励ましあって乗り越えていきましょう。

以上です。
萱沼選手ありがとうございました。


【第8回「OBに聞きました」~薩川淳貴選手~】2020.05.25
〈プロフィール〉
氏名:薩川 淳貴(サツカワ アツキ)
所属:カマタマーレ讃岐
ポジション:DF
生年月日:1997年12月27日
経歴:静岡学園高校~関東学院大学~カマタマーレ讃岐

Q1.これまでサッカーをしていて最も嬉しかったことは?
カマタマーレ讃岐からオファーをもらった事
Q2.これまでサッカーをしていて最も悔しかったことは?
県リーグへの降格。サッカー人生で降格という経験がそれまで無かった事で、驚きと動揺、そして応援席でただ見ている事しか出来なかった自分への情けなさで胸がいっぱいでした。
Q3.サッカーをする上で大切にしていることは?
夢や目標を常に持つ事。そして、それに向けて覚悟を持って誰よりも努力する事。
Q4.大学サッカーで印象に残っているエピソードは?

大学3年の関東リーグ第21節で先輩の石塚龍成君が大怪我をしてしまいました。次の最終節に、龍成君の為にチームが一つになって闘った最終節の光景は忘れられません。同時に自分はピッチに立つ事が出来ず大きな悔しさを味わいました。あの最終節があったからこそ大学ラストシーズンに大きな覚悟を持ってキャプテンを引き受ける事が出来ました。

Q5.大学サッカーで印象に残っている試合は?
大学2年時の県リーグ最終節vs産業能率大学戦。引き分け以下で昇格の可能性が消える試合でこの試合に負ければ将来のサッカー人生はないという覚悟を持って臨みました。あの試合の記憶はほとんどありません。それだけ無心で勝利だけを考えてプレーした試合であり「サッカーをした」という感覚より「闘った」という感覚がすごく大きかったです。

Q6. プロと大学の差は?
プレースピード、球際の攻防、寄せの速さ、フィジカル面。たくさんありますが、一番の差は思考、サッカー脳の差だと感じます。判断、選択、行動の連続の中でどれだけ瞬時に思考と行動が同時にできるか。練習の単純なパス&コントロールでも常に絵を描いています。また、ピッチ内だけではなくオフザピッチの質もどの選手も高いです。大学で評価されていた努力はプロの世界では当たり前の基準だと感じます。
Q7. 大学サッカーで学んだ事は?
自主性の大切さ。今までと違い大学サッカーは各部活どころか大学サッカー自体の運営も選手自身が作り上げていくものです。試合に出場できる選手は11人。多くの選手は試合に関わる事が出来ません。しかし、それぞれの立場や役割が必ずあります。自分の置かれた立場でどれだけ自発的に行動できるかが大切でありそれが出来る個の集合体が強い組織、チームです。これはプロの世界でも社会に出ても変わる事はありません。

Q8. コロナ自粛の日々を過ごしている皆さんへメッセージ
今、この苦しい状況の中でも色々な場所でリスクを冒しコロナウィルスと闘ってくれている医療従事者の方々や働いて下さっている様々な職種の方がいます。その方々へこの場を借りてお礼申し上げます。コロナウィルスが収まった頃には幸せな日々が必ず帰ってきます。その時を信じて我慢強く今出来る事をやっていきましょう。

以上です。
薩川選手ありがとうございました。


【第7回「OBに聞きました」~富樫敬真選手~】2020.05.24
〈プロフィール〉
氏名:富樫 敬真(トガシ ケイマン)
所属:V・ファーレン長崎
ポジション:FW
生年月日:1993年8月10日
経歴:日本大学高校~関東学院大学~横浜F・マリノス~FC東京(期限付き移籍)~FC町田ゼルビア~V・ファーレン長崎
選抜・代表歴・個人賞:U-23日本代表

Q1.これまでサッカーをしていて最も嬉しかったことは?

大学4年時、横浜F・マリノスの特別指定選手として日産スタジアムでのFC東京戦に途中出場しJリーグ初ゴールを決めた事

Q2.これまでサッカーをしていて最も悔しかったことは?
関東1部昇格を2度目の前で逃した事

Q3.サッカーをする上で大切にしていることは?
いかに集中できたか
いかに楽しめたか

Q4.大学サッカーで印象に残っているエピソードは?
毎朝の眠すぎる東横線(良い想い出です)

Q5.大学サッカーで印象に残っている試合は?
大学3年時のアミノバイタル杯2回戦の慶應義塾大学戦(2得点したがPK戦で負けた悔しさは今でもよく覚えています)

Q6. プロと大学の差は?
気合だけでは何とかならないところ(笑)

Q7. 大学サッカーで学んだ事は?
怪我の期間の活かし方
試合までの逆算

Q8. コロナ自粛の日々を過ごしている皆さんへメッセージ

新型コロナの影響で状況も変わり、本当に色々な想いがあると思います。ですが、このタイミングで起きた事でより良い人生になったと、いつか思えるように各々が現状と自分自身と向き合っていければ良いと思います。僕もやれる事をやります。皆さんも一緒に頑張りましょう。

以上です。
富樫選手ありがとうございました。


【第6回「OBに聞きました」~今村優介選手~】
2020.05.23
〈プロフィール〉
氏名:今村 優介(イマムラ ユウスケ)
所属:アスルクラロ沼津
ポジション:FW
生年月日:1997年12月27日
経歴:新城高校~関東学院大学~アスルクラロ沼津


Q1.これまでサッカーをしていて最も嬉しかったことは?

小さい頃から積み上げてきたものが成った時

Q2.これまでサッカーをしていて最も悔しかったことは?
大事な試合で失敗を恐れて安全なプレーを選択してミスをした時

Q3.サッカーをする上で大切にしていることは?
芯がブレない事。モットーだったり、自分で意識している事だったり、他人に流されてやめてしまう事は絶対にしない。

Q4.大学サッカーで印象に残っているエピソードは?
関東リーグの降格と昇格を経験した事

Q5.大学サッカーで印象に残っている試合は?
大学1年時の関東リーグvs東海大学戦(関東リーグ初ゴールをとった試合なので鮮明に覚えています)

Q6. プロと大学の差は?
一つ一つの重さ。プレーの一つ一つもそうですが、プロとしての自覚也背負っているものだったり様々です。

Q7. 大学サッカーで学んだ事は?
内容にこだわる事は当たり前だが、そこに結果がついてこなければ良い内容ではないという事

Q8. コロナ自粛の日々を過ごしている皆さんへメッセージ

長い自粛期間であり、精神的にも厳しい状況が続きますが、一人ひとりが協力し合って乗り越えていきましょう。

以上です。
今村選手ありがとうございました。


【第5回「OBに聞きました」~有永一生選手~】
2020.05.22
〈プロフィール〉
氏名:有永 一生(アリナガ カズキ)
所属:いわてグルージャ盛岡
ポジション:MF
生年月日:1989年3月3日
経歴:国見高校~関東学院大学~AC長野パルセイロ~いわてグルージャ盛岡
選抜・代表歴・個人賞:第93回天皇杯全日本サッカー選手権「SURUGA I DREAM Award」受賞


Q1.これまでサッカーをしていて最も嬉しかったことは?

自分のプレーを見て元気や勇気をもらえると言われた時

Q2.これまでサッカーをしていて最も悔しかったことは?
全国高校サッカー選手権で負けた時

Q3.サッカーをする上で大切にしていることは?
走り負けない

Q4.大学サッカーで印象に残っているエピソードは?
関東選抜との試合で開始5分で手首を骨折した事

Q5.大学サッカーで印象に残っている試合は?
大学3年時の関東リーグ昇格決定戦vs明海大学戦(目標にしていた昇格を懸けて闘った試合)

Q6. プロと大学の差は?
サッカーでお金をもらい、それに対して責任や結果を残さなければならない事

Q7. 大学サッカーで学んだ事は?
自主性。大学は色々な事を学ぶ事が出来るが自分で行動や学ぼうとしなければ何も学べない。当たり前の事だけれど難しい事。

Q8. コロナ自粛の日々を過ごしている皆さんへメッセージ

世界中が大変な今ですが必ず一人ひとりが当たり前にやりたい事を出来る時が来るのでその時まで元気の貯金をしましょう!その時までみんなが責任ある行動を!

以上です。

有永選手ありがとうございました。


【第4回「OBに聞きました」~普光院誠選手~】
2020.05.20
〈プロフィール〉
氏名:普光院 誠(フコウイン マコト)
所属:アスルクラロ沼津
ポジション:MF
生年月日:1993年5月20日
経歴:筑陽学園高校~関東学院大学~SC相模原~アスルクラロ沼津
選抜・代表歴・個人賞:2015年関東大学リーグ(2部)ベストイレブン


Q1.これまでサッカーをしていて最も嬉しかったことは?

プロになってスタジアムで親にプレーしている姿を見せられた事

Q2.これまでサッカーをしていて最も悔しかったことは?
負けると毎回悔しいし、練習のゲームでも負けるのは悔しい

Q3.サッカーをする上で大切にしていることは?
楽しむ事
体より頭が疲れるようにする事

Q4.大学サッカーで印象に残っているエピソードは?
試合後、10秒シャトルランを100本やった事(笑)

Q5.大学サッカーで印象に残っている試合は?

大学3年、4年のリーグ戦最終節(2年連続で最後勝てば昇格という試合だったのに、両方とも負けてしまった。今までで一番悔しい。)

Q6. プロと大学の差は?
全ての速さ。切り替え、判断、ボールへのプレス。(最初は大変だった)

Q7. 大学サッカーで学んだ事は?
自信がつけばプレーが変わる事。高校の時はスタメンじゃなかったけど大学1年の時から少しずつ試合に出させてもらい使ってもらえる事で自信がついたので感謝しかない。

Q8. コロナ自粛の日々を過ごしている皆さんへメッセージ

時間を上手く使う事!大学生は自由な時間がたくさんあると思います。それを自分のサッカーの為に上手く使うべきです。と言っても自分も大学生の時OBの人たちから言われていてあまりピンときていなかったけど、今になってその意味が分かります。(笑)

以上です。

普光院選手ありがとうございました。


【第3回「OBに聞きました」~見木友哉選手~】2020.05.15
〈プロフィール〉
氏名:見木 友哉(ミキ トモヤ)
所属:ジェフユナイテッド市原・千葉
ポジション:MF
生年月日:1998年3月28日
経歴:横河武蔵野FCユース~関東学院大学~ジェフユナイテッド市原・千葉

選抜・代表歴・個人賞:2019年関東大学リーグ(2部)ベストイレブン

Q1.これまでサッカーをしていて最も嬉しかったことは?

プロ入りが決まった事

Q2.これまでサッカーをしていて最も悔しかったことは?
負けた試合全て

Q3.サッカーをする上で大切にしていることは?
常に楽しむ事
常に考える事

Q4.大学サッカーで印象に残っているエピソードは?
大学2年の県知事杯の専修大学戦の試合前に先輩の古屋俊樹君から「今日ハットトリックしろよ」と言われて本当にハットトリック出来た事

Q5.大学サッカーで印象に残っている試合は?

大学3年時の関東リーグ参入戦vs明治学院大学戦(勝てば関東リーグ昇格、負ければ県リーグという生死を分ける試合で自分の決勝ゴールでチームを昇格に導けたから)

Q6. プロと大学の差は?
狡猾さ

Q7. 大学サッカーで学んだ事は?
自主性・人間性・協調性

Q8. コロナ自粛の日々を過ごしている皆さんへメッセージ
今は不安やストレスを抱えていると思いますが、一人ひとり今だからこそ出来る事を見つけてこの困難を共に乗り越えましょう!


以上です。

見木選手ありがとうございました。


【第2回「OBに聞きました」~森本大貴選手~】2020.05.13
〈プロフィール〉
氏名:森本 大貴(モリモト ダイキ)
所属:FCマルヤス岡崎(松本山雅FCより期限付き移籍中)
ポジション:DF
生年月日:1995年9月15日
経歴:米子北高校~関東学院大学~松本山雅FC~SC相模原(期限付き移籍)~FCマルヤス岡崎(期限付き移籍)


Q1.これまでサッカーをしていて最も嬉しかったことは?

松本山雅からオファーをもらった時

Q2.これまでサッカーをしていて最も悔しかったことは?
大学3年時の県リーグ降格

Q3.サッカーをする上で大切にしていることは?

恐れない事

Q4.大学サッカーで印象に残っているエピソードは?

県リーグ降格と関東リーグ昇格

Q5.大学サッカーで印象に残っている試合は?

大学3年時のアミノバイタルカップ2回戦大東文化大学戦(総理大臣杯に創部初の出場が決まった試合)

Q6. プロと大学の差は?

監督の戦術に自分の特徴を重ね合わせられるかの能力

Q7. 大学サッカーで学んだ事は?

技術やフィジカルはもちろんタフさ

Q8. コロナ自粛の日々を過ごしている皆さんへメッセージ
人にうつさない、人にうつされない様、手洗いうがいをしっかりとしていきましょう。今、サッカーが出来ない状況で大変ですが、自分の目指すところを忘れずに出来る事をして今を大切にしましょう。


以上です。

森本選手ありがとうございました。


【第1回「OBに聞きました」~土館賢人選手~】
2020.05.08
現在、新型コロナウィルスの影響で様々な活動が制限されています。そんな中、大学サッカーも活動休止を余儀なくされています。そこで今回、本学サッカー部卒で現役Jリーガーの選手の皆さんにご協力頂き学生時代を振り返ってもらいました。面白いエピソードから参考になる話まで濃い内容になっています。皆さん、お楽しみに!
〈プロフィール〉
氏名:土館賢人(ドダテ ケント)
所属:Y.S.C.C.横浜
ポジション:MF
生年月日:1992年8月23日
経歴:湘南工科大学附属高校~関東学院大学~グルージャ盛岡~Y.S.C.C.横浜
選抜・代表歴・個人賞:2013年関東大学リーグ(2部)ベストイレブン

Q1.これまでサッカーをしていて最も嬉しかったことは?
Jリーグ初ゴール。2-0で勝っていて後半ロスタイムのPKでしたがチームのみんなが喜んでくれてサッカーをやっていて良かったと感じた。
Q2.これまでサッカーをしていて最も悔しかったことは?
大学4年の時キャプテンだったのに怪我で後期は試合に出られずあと一歩だった一部昇格を逃した事
Q3.サッカーをする上で大切にしていることは?
目の前の相手に負けない事
一喜一憂しない事
Q4.大学サッカーで印象に残っているエピソードは?
大学3年時、副キャプテンになったが春合宿で夜遅くまで(山田のせいで)起きていて、翌朝自分だけ罰走をした事
Q5.大学サッカーで印象に残っている試合は?
大学3年の関東リーグ最終節の青山学院大学戦(引き分け以上で3位だったが、先制されたが最後の最後のアディショナルタイムに追いつきチーム全員が一丸となっている事を感じた)
Q6. プロと大学の差は?
頭をとても使う事。練習でも試合でも監督の指示を常に考え意図を汲み取りサッカーをすることろ
Q7. 大学サッカーで学んだ事は?
自分次第でいくらでも成長できる事
Q8. コロナ自粛の日々を過ごしている皆さんへメッセージ
自粛生活が続き大変ですがしっかり食べて室内でできる運動をしながら免疫をつけてコロナに負けない体を作りましょう‼

以上です。
土館選手ありがとうございました。


【スタッフ就任について】
2020.03.03
本学サッカー部では、なでしこリーグ2部などでも指導経験のある益田勇気氏(株式会社ファンルーツ所属)が、2020年よりコーチに就任することが決定致しました。今後とも皆様の熱いご声援よろしくお願い申し上げます。

益田勇気氏のコメント
『大学年代など、大人に近い年代の指導をしてみたいと考えていたときにこの様な機会をいただき、自分への挑戦だととらえ、引き受けさせていただきました。1試合でも多く勝利に貢献できるように取り組みます。関東学院大学サッカー部へのご声援、宜しくお願い致します。』

<益田 勇気 (Yuki Masuda)氏プロフィール>
【役 職】コーチ
【生年月日】1992年6月7日
【出 身】東京都
【指導歴】JAPANサッカーカレッジレディース - 開志学園女子サッカー部


【OB(寺沢優太選手)移籍】
2020.02.29
2015年度卒業で2019シーズン奈良クラブ(JFL)で活躍していました寺沢優太選手が2020年より沖縄SV(九州リーグ)へ移籍することが決まりました。今後も皆様のご声援よろしくお願い致します。

沖縄SVHP

【OB(石塚龍成選手)移籍】2020.02.29
2018年度卒業で2019シーズンアルティスタ浅間(北信越リーグ)で活躍していました石塚龍成選手が2020年よりブリオベッカ浦安(関東リーグ)へ移籍することが決まりました。今後も皆様のご声援よろしくお願い致します。
ブリオベッカ浦安HP


【選手進路について】2020.02.20
本学サッカー部所属の有田光我選手(社会学部・4年)が2020年よりジョイフル本田つくばFC(関東リーグ)へ加入することが内定致しました。今後とも皆様の熱いご声援よろしくお願い申し上げます。

有田光我選手のコメント
『今シーズンからジョイフル本田つくばFCに加入することとなりました。大学4年間は嬉しいことも苦しいこともありましたが、すべてを糧にし、今まで携わって頂いた方々に結果で恩返ししていけるように闘っていきたいと思います。応援よろしくお願い致します。』

<有田 光我(Arita Koga)選手プロフィール>
【ポジション】DF
【出身/生年月日】新潟県/1997年5月31日
【身長/体重】177cm/74kg
【経歴】太夫浜ダッシャーズ-アルビレックス新潟U-15-アルビレックス新潟U-18-関東学院大学
【特徴】堅実なプレーとセットプレーからの得点力

【2020年新体制】2020.02.01
2020シーズンの新体制が決定しました。今シーズンもご支援ご声援よろしくお願い致します。
主将:山出 旭(4年/法学部)
副将:鈴木 友也(4年/経営学部)
副将:細川 脩造(4年/経済学部)
副将:北 龍磨(4年/経営学部)


【選手進路について】
2020.01.14
本学サッカー部所属の奥直仁選手(理工学部・4年)が2020年よりヴィアティン三重(JFL)へ加入することが内定致しました。今後とも皆様の熱いご声援よろしくお願い申し上げます。

奥直仁選手のコメント
『今シーズンからヴィアティン三重に加入することになりました。関東学院大学サッカー部での4年間があったからこそ今の自分があると思います。ここで学んだことをこれからのサッカー人生に活かしていきたいと思います。そして今まで自分に携わってくれた方達への感謝の気持ちを忘れず、全力でプレーしていきたいと思います。応援よろしくお願いします。』

<奥 直仁(Naohito Oku)選手プロフィール>
【ポジション】MF
【出身/生年月日】福井県/1997年6月18日
【身長/体重】173cm/68kg
【経歴】波松FCスポーツ少年団‐芦原中学校‐アルビレックス新潟U-18‐関東学院大学
【特徴】ペナルティエリア内で抜群の力を発揮する点取り屋。

ヴィアティン三重HP

【OB(井上翔太郎選手)移籍】2020.01.13
2016年度卒業で2019シーズンヴェルスパ大分(JFL)で活躍していました井上翔太郎選手が2020年よりVONDS市原(関東リーグ)へ移籍することが決まりました。今後も皆様のご声援よろしくお願い致します。
VONDS市原HP


【選手進路について】2020.01.13
本学サッカー部所属の遠藤翼選手(経済学部・4年)が2020年よりVONDS市原(関東リーグ)へ加入することが内定致しました。今後とも皆様の熱いご声援よろしくお願い申し上げます。

遠藤翼選手のコメント
『VONDS市原に加入することになりました遠藤翼です。
これまでお世話になった全ての方々への感謝の気持ちを結果で示せるよう頑張ります。関東学院大学の4年間で学んだことをこれから生かしていき、関東学院という名前を自分の力で広めていこうと思います!』

<遠藤 翼(Tsubasa Endo)選手プロフィール>
【ポジション】FW
【出身/生年月日】神奈川県/1997年10月30日
【身長/体重】183cm/71kg
【経歴】横浜F・マリノスプライマリー追浜‐横浜F・マリノスジュニアユース追浜‐三浦学苑高等学校‐関東学院大学
【特徴】ガッツ溢れるドリブルとロングスローを兼ね備えたFW。
VONDS市原HP